BLOG

リスのリフォーム暮らしのヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フィルム・クロス・クッションフロア・襖
  4. クロスメーカが秋に更に値上げ2022 リスのリフォーム

クロスメーカが秋に更に値上げ2022 リスのリフォーム

リスのリフォームで大人気のリフォーム「クロス貼替」「クッションフロア張替」ですが、

大手メーカーが2022年秋に値上げを発表しました(>_<)

2021年9月に値上げ、2022年春にまた値上げに続いての値上げです(>_<)

 

当店での人気色です。写真は西宮市のネイルサロン「Serpienteセルピエンテ」様の施工写真です

 

【リリカラ】

2022年10月3日出荷分より値上げ

対象商品: 壁紙/床材/その他

値上げ幅:現行取引価格の 8%~13%

カーテンについては別途案内があるそうです

リリカラ公式サイトはこちら

 

和室をクロス貼替でイメージチェンジされた施工写真です

 

【サンゲツ】

2022年4月1日受注分より値上げ

対象商品:壁装材・床材・椅⼦⽣地

値上げ幅:現行取引価格の 7%~12%

カーテンについては別途案内があるそうです

サンゲツ公式サイトはこちら

 

こちらは子供部屋のクロス貼替の写真です

 

 

【東リ】

2022年9月20日受注分より値上げ

対象商品:ビニル床タイル・ビニル床シート・カーペット・壁装材・カーテン・巾木・接着剤等の副資材

値上げ幅:現行取引価格の 10%~15%

東リ公式サイトはこちら


メーカーの改定に合わせて、リスのリフォームもやむを得ず値段の改定をさせていただきますが、

壁紙は1壁~OK! お住まい全ての貼替えもお任せください!

経験豊富な職人が手を抜く事なく、丁寧に施工しますので安心です♪ 手が早いのも自慢です^ ^

リスのリフォームでは、アクセントカラーのご相談や、機能性クロスのご相談などもよくしていただきます。

皆さまのご要望に柔軟に対応してまいりますので、これからもよろしくお願いいたします!

クロス貼替の施工例はこちら


暮らしのワンポイント

良い職人さんとは??

するべき作業をきちっと丁寧に確実にしてくれる職人さんだと思います。

壁の下地(クロスを剥がしたあとの壁)をパテで綺麗に補修をすることでクロスが美しく仕上がりますが、職人が時間短縮や経費削減で手を抜くと、仕上がりに影響する恐れも。

クロスとクロスの繋がりが分からない、角を美しく仕上げる、隙間にコーキングを打つ、クロスの浮きやムラがない…など、細かな作業をきっちりとしている職人さんは評判が良くて忙しいので、安いお値段で仕事を請けたりしないと思います。参考にしてくださいね(^-^)

 

こちらは芦屋市の「ぱぴぷぺっと様」のクロスとクッションフロアの張替の写真です

 

当店では、クロス貼替もクッションフロア張替も、壁の穴の補修※1も同じ職人が行いますので、お客様が別々の職人を探す手間が省け、また、工事時間も短縮、費用も抑えることができますよ(^^♪

※1 壁の穴を補修できないクロス職人さんもいます。これだけを別の職人に注文すると、2万円/穴1か所~ 費用がかかると思います。

 

こちらは芦屋市の「ぱぴぷぺっと様」のクロスとクッションフロアの張替の写真です

 

 


スタッフのつぶやき…

「ウッドショック」「給湯器不足」継続中

【ウッドショックとは】

新型コロナの影響でテレワークが普及し、アメリカや中国では住宅の需要が急速に拡大。木材が取り合いの状態となったため、木材の価格が高騰するいわゆる「ウッドショック」が起きました。

さらに、今年に入ってから急速に円安が進んだことで、輸入木材の価格も急上昇しています。

【給湯器不足】

昨年に引き続き、給湯器が不足しています。工場生産数は復旧しているそうですが、予約待ち順に集荷しているため、新規のご注文の方にはまだすぐに給湯器が回ってきていない現状です。お早目の対策をご検討下さい。

 

 

 

お問合せはHP「お問合せフォーム」又はラインでもOK!

ページ下LINE友だち追加があります♪

 

 

 

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事