BLOG

リスのリフォーム暮らしのヒント

  1. HOME
  2. ブログ
  3. フィルム・クロス・クッションフロア・襖
  4. ドアと壁と床の穴の修復 西宮市 リスのリフォーム

ドアと壁と床の穴の修復 西宮市 リスのリフォーム

お世話になっている不動産屋さんからのご紹介で、ドアと壁と床の穴の修復をさせていただきました!ありがとうございました!不動産をご売却前のお客様からのご依頼でした!

施工内容:壁の穴修復とクロス貼替、ドアと床の穴リペア

施工時間:約6時間


Before:洋室の壁の穴を修復します

施工中:大きい穴は石膏で穴をふさぎますが、今回は小さめの穴でしたので、施主様とのご相談の上で、パテで穴を埋めました。

施工中:ネットを貼った上にパテを塗ります

After:こちらの壁1面のクロスを貼り替えて完成です☆

Before:続いては床の穴です。

After:リペアをして完成です☆穴が分からないですよね!

Before:最後にドアの穴です

施工中:穴をふさいで

施工中:ここからは職人技です。本物そっくりの柄を描いていきます( ^^)

施工中:だんだん穴が分からなくなってきましたよね!

施工中:ほぼ見分けがつかなくなりました!

Before:完成です☆すごいですよね!全然穴が分からない~


今回のケースのように、穴が小さくて、ドア自体がまだ使える良い状態でしたら、ドアを取り替えるよりも、リペアで修繕する方がお安いです。

また、リアテックフィルムやダイノックフィルムといった、色や柄のついたクロスより丈夫な素材のフィルムをドア全体に貼る方法もあります。こちらだと、ドアの色や柄も変えられるという魅力があります。

ドアを交換か?フィルムを貼るか?リペアか?判断が付きにくいと思いますので、お気軽にご相談くださいね!

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事